スクラムのアスペクト – 品質

スクラムのアスペクト – 品質

スクラムでは、品質は、完成したプロダクトまたは成果物が、受入基準を満たし、顧客が期待するビジネスバリューを達成する能力として定義されます。

プロジェクトが品質要件を満たしていることを保証するために、スクラムは、継続的な改善のアプローチを採用しています。チームが経験とステークホルダーの関与から学び、プロダクトバックログを常に要件の変化に合わせて最新の状態に保つのです。プロダクトバックログの優先順位付けは、プロジェクトの終了または中止まで完了しません。いかなる要件の変更によっても、内部および外部のビジネス環境に変化を及ぼしますが、これらの要件を達成するために、チームが継続的に作業し、適応していくことができるのです。

スクラムでは、スプリント中に作業を段階的に完了する必要があります。最終プロダクトやサービスが完了間近に迫った場合ではなく、繰り返しの品質テストを通じて、エラーや欠陥に早く気付くことが必要です。さらに、重要な品質関連タスク (開発、テスト、ドキュメントなど) は、同じチームが同じスプリントの一部として完了します。スクラムプロジェクトのこのような出荷可能な成果物は、「完了」と呼ばれます。

したがって、繰り返しテストを行う継続的な改善により、スクラムプロジェクトで期待される品質レベルを達成することが可能となります。各スプリントの最後には、実際にプロダクトインクリメント(増分)が提供されます。それを用いてスクラムコアチームとステークホルダー (顧客とユーザーを含む) との間で、継続的に議論されます。顧客の期待するものと、プロジェクトで生産された実際の成果物との間のギャップは、絶えず解消されていくのです。

スクラムガイダンスボディーには、組織内のすべてのスクラムプロジェクトに関連するかもしれない品質に関するガイドラインも紹介しています。

© 2020 VMEdu.com. All rights reserved

© 2020 PDEAC Co., Ltd


コメントを残す