可視化ワークフロー管理 – バーチャルボード

同じ場所にいることを、コロケーション (Colocation) といいます。 声の届くところにチームメンバーがいると、効率の高いプロジェクト運営が可能となります。 しかし、海外チームなどリモートサイトのチームメンバーと共同のプロジェクト運営が必須となる場合もあります。 こうしたときに、バーチャル(仮想)ツールが役立ちます。 こうしたツールを用意して、リモートサイトと効果的なコミュニケーション環境を整えることは、プロジェクト運営上、非常に大切なことです。

スコープクリープはなぜ起こるか?

プロジェクトでは、一般に、予期せぬ出来事が発生し、常にスコープが変わってしまいます。スコープの変更は、プロジェクトの様々な面に影響するため、適切にマネジメントする必要があります。しかし、プロジェクトの現場では、「このぐらいの変更ならたいしたことないだろう」と、報告・承認を経ずにスコープを変更することがあります。これが繰り返されると、ベースラインと現実のスコープが乖離して、プロジェクトマネージャーが現状を把握できなくなり、適切なマネジメントができなくなる怖れがあります。これがスコープクリープ (Scope creep) です。