Microsoft Azureで「バーチャルワークフロー管理」

【Live配信(リアルタイム配信)】 Microsoft Azureで「バーチャルワークフロー管理」 ~リーン製品開発の「可視化ワークフロー管理」をMicrosoft Azureで実現、 「誰が何をしているのか分からない」恐怖に打ち勝つ~ 主催:サイエンス&テクノロジー 日時:2021年2月24日(水) 13:00~16:30 会場:Live配信セミナー(リアルタイム配信)

【リーン開発】作業の流れを見える化、TECH PLAYセミナー

【リーン開発】作業の流れを見える化、MS Azureでプロジェクト管理 TECH PLAYセミナー 【DX/在宅対応】バーチャルミーティングで、「誰が何をしているのか分からない」恐怖とサヨナラ  2021年 1月 9日(土)、10:00 - 12:00 <参加費> 無料 <オンライン> Zoom <申し込み> TECH PLAY https://techplay.jp/event/802235  (TECH PLAYの会員でない方は、新規会員登録後、セミナー申し込みお願いいたします。) <定員> 10名

【リーン開発】作業の流れを見える化、TECH PLAYセミナー

【リーン開発】作業の流れを見える化、MS Azureでプロジェクト管理 TECH PLAYセミナー 【DX/在宅対応】バーチャルミーティングで、「誰が何をしているのか分からない」恐怖とサヨナラ  12月12日(土)、10:00 - 12:00 <参加費> 無料 <オンライン> Zoom <申し込み> TECH PLAY https://techplay.jp/event/802042 <定員> 10名

Azure DevOpsでバーチャルボード

感染症防止対策のため、在宅勤務を余儀なくされている方も多いと思います。 そうした環境でプロジェクトを進めていると、「誰が何をしているのかわからない」という不安がつきまとうこともあるでしょう。 また、海外のリモートサイトと頻繁にミーティングが必要な方も、いらっしゃるでしょう。 こうした環境でも、プロジェクト運営を効率的に進めたい方のために、「バーチャルボード」と「スタンドアップミーティング」を組み合わせた「可視化ワークフロー管理」をご紹介いたします。MicrosoftのAzure DevOpsを使って、2週間の小日程を作成します。

可視化ワークフロー管理 – バーチャルボード

同じ場所にいることを、コロケーション (Colocation) といいます。

声の届くところにチームメンバーがいると、効率の高いプロジェクト運営が可能となります。

しかし、海外チームなどリモートサイトのチームメンバーと共同のプロジェクト運営が必須となる場合もあります。

こうしたときに、バーチャル(仮想)ツールが役立ちます。

こうしたツールを用意して、リモートサイトと効果的なコミュニケーション環境を整えることは、プロジェクト運営上、非常に大切なことです。