スクラムのプロセス

スクラムのプロセス スクラムプロセスは、スクラムプロジェクトに特有なアクティビティとフローに対応します。基本的なスクラムプロセスが19あり、あらゆるプロジェクトに適用することができます。これらのプロセスは、5つのフェーズにグループ化されます。

スクラムのアスペクト – 変更

スクラムのアスペクト - 変更 あらゆるプロジェクトは、使用されるメソッドやフレームワークに関係なく、変更にさらされます。 プロジェクトチームのメンバーは、スクラム開発プロセスが変化を受け入れるように設計されていることを理解しておくことが不可欠です。 組織は、スクラムの原則に従った変更管理プロセスを通じて、変更によるメリットを最大化し、悪影響を最小限に抑えるように努力する必要があります。

スクラムのアスペクト – リスク

スクラムのアスペクト - リスク リスクとは、プロジェクトの目的に影響を与える可能性があり、その成功または失敗に寄与する可能性のある、不確実なイベントとして定義されます。 プロジェクトにプラスの影響を与える可能性のあるリスクは機会 (Opportunities) と呼ばれますが、プロジェクトに悪影響を及ぼす可能性のあるリスクは、脅威 (Threats) と呼ばれます。

スクラムのアスペクト – 組織

スクラムのアスペクト - 組織 • プロダクトオーナーは、プロジェクトのビジネスバリューを最大限に引き出す責任者です。また、顧客の要求を明確にし、プロジェクトのビジネスの正当性を維持する責任もあります。プロダクトオーナーは、お客様の声を代表します。 • スクラムマスターは、プロジェクトを正常に完了するための環境をスクラムチームに提供するファシリテーターです。スクラムマスターは、プロジェクトに関わるすべてのユーザーにスクラムの実践をガイドし、それを容易にし、指導します。チームのインペディメント(障害)を取り除きます。そして、スクラムプロセスが確実に実行されるようにします。 • スクラムチームは、プロダクトオーナーが指定した要件を理解し、プロジェクトの成果物を作成する責任を持ったグループまたはチームです。

スクラムの5つのアスペクト

スクラムには、5つのアスペクト(側面)がありますが、これらは、プロジェクトの至る所で管理する必要があります。 組織 (Organization) ビジネスの正当性 (Business Justification) 品質 (Quality) 変更 (Change) リスク (Risk)

スクラムの原則

スクラムの原則は6つあり、以下の通りです。 1. 経験的プロセス制御 2. 自己組織化 3. コラボレーション 4. 価値ベースの優先順位付け 5. タイムボックス 6. 反復開発

スクラムの概要

スクラムは最も一般的なアジャイル (Agile) 手法の 1 つです。これは、プロジェクト全体で大きな価値を迅速に提供するように設計された、適応性、反復性、高速、柔軟、および効果的なフレームワークです。スクラムは、コミュニケーションの透明性を確保し、集団的説明責任と継続的に進歩する環境を作り出します。

スクラムとは何か?

スクラムとは、反復とインクリメンタルの手法を用いて、複雑なプロジェクトを管理するためのアジャイルフレームワークのひとつです。 ラグビーのプレイで用いられるスクラムが、その語源となっています。