PowerAppsでメールを送信する

Rev. 1, Y. Nishimura, 2022/1/29

PowerAppsでメールを送信する機能をご紹介します。

シンプルなテキスト形式と、Html形式の2種類をご紹介します。

ここでは、Office365Outlook.SendEmailV2の接続コネクタを使います。

Office365Outlook.SendEmailが非推奨となっておりますので、ご注意ください。

キャンバスアプリを一から作成する

PowerAppsを立ち上げます。

「キャンバスアプリを一から作成」ー「アプリ名」:「メール送信の演習」ー「電話」ー「作成」をクリックします。

Office365Outlookに接続する

ここでは、コネクター「Office365Outlook」を使ってメールを送信します。

「データ」ー「データの追加」ー「Office 365 Outlook」をクリックします。

テキスト形式でメールを送信する

この画面では、シンプルなテキスト形式でメールを送信できるようにします。

画面「Screen1」に、以下のように、各種コントロールを配置します。

コントロール種別名前プロパティ種別fx
ラベルlbl1Text“送信先”
ラベルlbl2Text“タイトル”
ラベルlbl3Text“本文”
テキスト入力txtTo1Default“”
  HintText“メールアドレス”
テキスト入力txtSubject1Default“”
  HintText“タイトル”
テキスト入力txtBody1Default“”
  HintText“本文”
送信icnSendEmail1OnSelectOffice365Outlook.SendEmailV2(     txtTo1.Text,     txtSubject1.Text,     txtBody1.Text,     {         Importance:”Normal”     } )

プレビューモードで、メールの送信テストをしましょう。

以下のように入力して、送信アイコンをクリックします。

このメールは、以下のように受信されたことが確認されます。

参考文献:

HTMLテキスト形式でメールを送信する

ここでは、HTMLテキスト形式でメールを送信します。

段落の設定や、お好みの文字色や背景色、リンクを設定することなどが出来ます。

新しい画面を作成します。

「新しい画面」ー「空」をクリックします。

画面「Screen2」が新しく作成されましたので、以下のように、各種コントロールを配置します。

コントロール種別名前プロパティ種別fx
ラベルlbl21Text“送信先”
ラベルlbl22Text“タイトル”
ラベルlbl23Text“本文”
テキスト入力txtTo2Default“”
  HintText“メールアドレス”
テキスト入力txtSubject2Default“”
  HintText“タイトル”
リッチテキストエディタ―RichTextEditor2Default“”
送信icnSendEmail1OnSelectOffice365Outlook.SendEmailV2(     txtTo2.Text,     txtSubject2.Text,     RichTextEditor2.HtmlText,     {         Importance:”Normal”     } )

プレビューモードで、アプリの動作を確認しましょう。

例えば、以下のように入力して、送信アイコンをクリックします。

以下のようにメールが受信されていることが分かります。

テキストに比べると、様々な書式を用いることができるので、かなり自由に文章を記載することが可能です。

お好みに応じて、使い分けてください。

以上


コメントを残す コメントをキャンセル

%%footer%%