PowerAppsでスマホに通知する

Rev. 0, Y. Nishimura, 2021/5/20

PowerAppsで、スマホにプッシュ通知することができます。

ここでは、PowerAppsの通知コネクタを使って、プッシュ通知を送る機能をご紹介します。

キャンバスアプリを一から作成する

PowerAppsを立ち上げます。

「キャンバスアプリを一から作成」ー「アプリ名」:「プッシュ通知の演習」ー「電話」ー「作成」をクリックします。

「ファイル」をクリックします。

「名前を付けて保存」ー「クラウド」ー「保存」をクリックします。

アプリIDを取得する

アプリが保存されましたので、アプリIDを取得します。

「すべてのバージョンの表示」をクリアします。

「詳細」をクリックします。

「アプリID」を「メモ帳」にコピーアンドペーストします。

接続を新たに作る

このタブを閉じます。

「プッシュ通知の演習」タブを選択して、「接続」をクリアします。

「データ」ー「接続」の画面で、「+新しい接続」をクリックします。

「Power Appsの通知」を選択します。

先ほどメモしたアプリのIDを転記します。

今回は、通知を送信するアプリと受信するアプリが同じですので、上記のような手順でアプリのIDを取得しましたが、あくまでも「受信側」のアプリIDを転記してください。

画面の最下部までスクロールすると、直前に作成した接続「Power Apps Notification」がありますので、「…」をクリックして、「編集」を選択します。

「表示名」を「通知の演習」として、「保存」をクリアします。

表示名が変更されて、「通知の演習」となったことが確認できます。

このタブを閉じます。

「←」をクリックして、編集モードに戻ります。

データソース「Power Appsの通知」を追加する

「データ」ー「データの追加」ー「データソースの選択」で「Power Apps」と入力します。「Power Appsの通知」をクリックします。

先ほど新しい接続として作成した「通知の演習」をクリックします。

データソースとして追加されたことが分かります。

コントロールを配置する

簡単なメッセージを通知しましょう。

コントロールを以下のように配置します。

コントロール種別名前プロパティ種別fx
ラベルlblTo1Text“送信先”
ラベルlblBody1Text“メッセージ”
テキスト入力txtEmailAddress1Default“”
HintText“メールアドレスを入力してください”
テキスト入力txtBody1Default“”
HintText“メッセージを入力してください”
ボタンbtnNotifyID1Text“通知”
OnSelectPowerAppsの通知.SendPushNotification( {            recipients:[txtEmailAddress1.Text],     message:txtBody1.Text })

 参考文献:「アプリから通知を送信する

注)SendPushNotificationのパラメータにはもう2つあります。

  • openApp (boolean):ユーザーがプッシュ通知をタップしたときにアプリを開く「true」かどうか。
  • params:渡すキーの値。ただし、この動作は確認できませんでした。
    • コネクタのリファレンス「Send push notification」には、「params」というパラメータは存在していません。

アプリを保存して、公開する

「ファイル」ー「保存」をクリックします。

公開します。

スマホでアプリ「プッシュ通知の演習」を立ち上げる

スマホからアプリ「プッシュ通知の演習」を一度立ち上げておきます。

アプリが立ち上がったら、これを閉じます。

スマホの「設定」から、Power Appsの通知を受け取れるように設定します。

スマホをロックします。

アプリの動作を確認する

パソコンなど通知を送信する側で、アプリ「プッシュ通知の演習」をユーザーモードで立ち上げます。

送信先、メッセージを入力して、「通知」をクリックします。

スマホのロック画面に通知が現れました!

ロック画面だけでなく、通知センターやバナー、サウンドやバッジも設定して楽しんでください。

以上


コメントを残す