リーンとは何か?

リーンとは何か?

リーン (lean) とは何か?

  • リーンとは、英語のleanのことで、「やせた」、「細い」、「筋肉質の」、「脂肪のない」という意味です。

リーン生産方式 (Lean Manufacturing / Lean Product System) とは何か?

  • 1980年代に、アメリカのマサチューセッツ工科大学で、ジャストインタイムなどのトヨタ生産方式の研究が始まりました。
  • 見える化の手法を基に、製造の現場におけるムダを徹底的に排除し、継続的に改善していくというものです。
  • 欧米の製造業中心に、リーン生産方式は広がり、大きな成功を収めました。

リーン製品開発 (Lean Product Development, LPD) とは何か?

  • 製品開発は、生産現場とは大きく異なる点があります。生産現場では、仕事が繰り返し (recurrent) されます。不良品や仕掛品のムダが比較的わかりやすくなっています。しかし、製品開発では、ほとんど繰り返しがありません (non-recurrent) ので、ムダが分かりにくいのです。
  • リーン製品開発では、製品開発でのムダを見える化し、それを削減します。そして開発のスピードや生産性を劇的に改善します。開発スケジュールの見通しが良くなり、開発期間が短縮され、マーケットニーズの変化に対して迅速に対応することができるようになります。その結果、会社のバランスシートが改善されるのです。
  • リーン製品開発では、開発のワークフローを見える化し、ボトルネックを見つけ出します。ボトルネックは、開発のスピードを決するところです。それを緩和するように、チームで協力して対処します。
  • リーン製品開発は、開発チームの行動様式を変えていきます。そして、会社のカルチャーを変えていきます。
    • 各々のコミットを基に、クロスファンクションでの共同作業を推進します。
    • ワークフローを見える化し、それぞれのタスクを誰が責任を持っているのか、そしてマイルストーンをチームでいかに成し遂げていくのかを明らかにします。
    • 問題となる前 (proactive) に、リスクを回避します。

コメントを残す