PowerAppsではじめてのアプリ開発 – トレーニング1回目

PowerAppsではじめてのアプリ開発 – トレーニング1回目

Rev. 0, Y. Nishimura, 2021/3/26

Microsoft 365を使い始める

このトレーニングでは、ブラウザーは「Microsoft Edge」を使います。

「Microsoft IE」は、PowerAppsをサポートしていないので、使わないようにしてください。

Microsoft 365の登録アプリの確認

Edgeで、Office365を開いてください。

https://www.office.com/

Microsoft 365のタブをクリックします。

Microsoft 365は、以下のようなアプリから構成されていることが分かります。

このトレーニングでは、PowerAppsでアプリを作成しますので、「PowerApps」、「SharePoint」、「Teams」がMicrosoft 365のなかに含まれていることを確認してください。

こうしたアプリは、トレーニングで頻繁に使いますので、「お気に入り」に登録しておきましょう。

もし、PowerAppsがMicrosoft 365のアプリ一覧に見当たらないときには、サインインしているアカウントを確認します。次のコラムを参考にしてください。

サインインしているMicrosoftのアカウントの確認

Edgeの右上画面の人のマークをクリックしてアカウントを確認します。

ここに表示されたMicrosoftアカウントが、PowerAppsなどのライセンスを含んだものであればOKです。常に、そのアカウントでサインインするようにしましょう。

もし、PowerAppsなどのライセンスを含まないMicrosoftアカウントであれば、それらのライセンスを含んだものを「Edge」に登録します。次のコラム「プロファイル(ユーザー)を追加する」を参考にしてください。

プロファイル(ユーザー)を追加する

「プロファイルの追加」をクリックしてください。

「プロファイルの追加」の画面が現れますので、「追加」をクリックしてください。

「サインインしてデータを同期」をクリックする。

「職場または学校アカウント」を選択し、「続行」をクリックします。

その後、画面の指示に従って登録して行くと、アカウント(ユーザ)が追加されたことが確認できます。

以上


コメントを残す