PowerAppsではじめてのアプリ開発 – トレーニング5回目

PowerAppsではじめてのアプリ開発 – トレーニング5回目

Rev. 0, Y. Nishimura, 2021/3/26

PowerAppsで「ユーザー登録の演習」アプリを作る(続)

トレーニング4回目からの続きです。

詳細画面で確認してみましょう。

「項目の詳細の表示」アイコンをクリックします。

詳細画面が現れました。この項目を編集してみましょう。

項目を編集する

「この項目の編集」アイコンをクリックします。

記載内容を追加訂正しましょう。

「項目の送信」アイコンをクリックして、編集内容を保存します。

詳細画面が現れます。内容が更新されたことが確認できます。

「一覧に戻る」アイコンをクリックします。

項目を削除する

項目を削除してみましょう。

「項目の詳細の表示」アイコンをクリックします。

詳細画面が現れました。

「この項目の削除」アイコンをクリックします。

「プレビューモードを閉じる(Esc)」ボタンをクリックして、編集画面に戻ります。

アプリを保存する

アプリを保存しましょう。

画面左上の「ファイル」をクリックします。

設定画面が現れます。

任意の名前(例えば「ユーザー登録の演習」)、アイコンの背景色やアイコンを選択します。説明も記入しておきましょう(例えば「アプリの作成トレーニング「ユーザー登録の演習」です。」)。

「名前を付けて保存」の画面が現れます。

「クラウド」を選択して、「保存」をクリックします。

アプリを共有する

次に、このアプリを共有してみましょう。

「共有」クリックします。

共有する相手の電子メールアドレスを入力します。

組織内のメンバーであれば、共同所有者となることができますので、その必要があれば、をします。

そのメンバーが、データのアクセス許可されているか確認します。Teamsのサイトにメンバーとして登録されていれば、SharePointも共有設定がされています。

「共有」をクリックします。

「すべてのアクセス許可の変更が正常に保存されました」のメッセージを確認します。

「キャンセル」をクリックします。

アプリの詳細画面が現れます。このタブは閉じます。

アプリの編集を終了する

左矢印をクリックして、もとの画面に戻ります。

このタブを閉じようとすると、確認メッセージが出てきますので、「移動」をクリックします。

ホーム画面に戻ります。

「アプリ」をクリックしてみます。

先ほど保存したアプリが画面に現れています。

さらに編集したいときには、「…」をクリックします。

「編集」をクリックすると、もう一度編集画面が現れます。

Microsoft 365のTeams / SharePoint / PowerAppsを使った簡単なアプリ開発をご紹介しました。

以上


コメントを残す