PowerAppsではじめてのアプリ開発 – トレーニング4回目

PowerAppsではじめてのアプリ開発 – トレーニング4回目

Rev. 0, Y. Nishimura, 2021/3/26

PowerAppsで「ユーザー登録の演習」アプリを作る

ここでは、先ほどのSharePointのリスト「UserList1」から、PowerAppsで「ユーザー登録の演習」アプリを作成します。

まず最初に、Microsoft 365からPowerAppsを立ち上げます。https://make.powerapps.com/

SharePointをデータベースとして選択

「データから開始」ー「SharePoint」を選択します。

「接続」ー「SharePoint」を選択し、「最近利用したサイト」ー「PowerAppsTraining」を選択します。もし、見当たらないようでしたら、該当のサイトのSharePoint URLを入力します。

「一覧の選択」から「UserList1」を選択し、「接続」をクリックします。

しばらく待ってください。PowerAppsがアプリを作ってしまいます!

アプリの動作を確認する

まず、アプリの動作を確認しましょう。

右上の「プレビュー」をクリックしてください。

検索画面が現れます。

「項目の詳細の表示」アイコンをクリックしてみましょう。

この項目の詳細画面が現れます。

「この項目の編集」アイコンをクリックしましょう。

編集画面が現れます。

「項目のキャンセル」アイコンをクリックして、元の詳細画面に戻ります。

「一覧に戻る」アイコンをクリックします。

画面右上の「プレビューモードを閉じる(Esc)」アイコンをクリックして、アプリの編集画面に戻ります。

検索画面の表示アイテムを変更する

次に、検索画面の表示アイテムを変更してみましょう。

画面左のツリービューで、「BrowseGallery1」を選択します。

右画面のキャラリー「プロパティ」ー「フィールド 編集」をクリックします。

「データ」を選択します。

「Title1」-「Title」、「Subtitle1」-「OrganizationName」、「Body1」-「UserID」を選択しましょう。

検索画面が変更されました。

新しい項目を追加する

次に、新しい項目を追加してみましょう。

右上の「プレビュー」アイコンをクリックします。

「新しい項目の作成」アイコンをクリックします。

編集画面で、Title, UserID, OrganizationName, EmailAddressの欄を埋めましょう。

「項目の送信」アイコンをクリックして、この項目を登録します。

検索画面に戻ります。新規項目が登録されたことが確認できます。

(トレーニング5回目へと続く)

以上


コメントを残す