スクラムの原則

スクラムの原則は、スクラムのフレームワークを適用するための主要なガイドラインであり、すべてのスクラムプロジェクトで必ず適用する必要があります。スクラムの原則は6つあり、以下の通りです。

1. 経験的プロセス制御

2. 自己組織化

3. コラボレーション

4. 価値ベースの優先順位付け

5. タイムボックス

6. 反復開発

図 1-3 は、スクラムの6つの原則を示しています。

図 1- 3: スクラムの原則

スクラムの原則は、どの組織のプロジェクトにも適用でき、スクラムのフレームワークを効果的に実装するために遵守する必要があります。スクラム原則は交渉不可能であり、「SBOKガイド」で指定されているとおりに適用する必要があります。その原則をそのまま維持し、適切にそれを使用することで、プロジェクトの目的を達成することが出来るようになり、スクラムのフレームワークに対する信頼が高まります。ただし、スクラムのアスペクトとプロセスは、プロジェクトまたは組織の要件を満たすように変更することができます。

1. 経験的プロセス制御 – この原則は、透明性、検査、適応という3つの主要な考え方に基づいて、スクラムの基本理念を明確に示します。

2. 自己組織化 – この原則は、自己組織化された場合に大幅に大きな価値を提供することができるような、今日の開発者などチームメンバーに焦点を当てます。これによりチームバイインと共同オーナーシップが向上し、革新的で創造的な環境を育むことができます。

3. コラボレーション – この原則は、共同作業に関連する 3つの主要なアスペクト (意識、アーティキュレーション、および流用) に焦点を当てています。また、チームは、最大の価値を提供するために協力し、チームに共通した価値の創造プロセスとしてのプロジェクトマネジメントを提唱しています。

4. 価値ベースの優先順位付け – この原則は、プロジェクトの初期から継続的にビジネスバリューを最大化することに焦点を当てるようにするものです。

5. タイムボックス – この原則は、スクラムの制約条件として時間を考慮し、プロジェクトの計画と実行を効果的に管理するために用いる方法を提唱します。スクラムでタイムボックスを適用するものは、スプリント、デイリースタンドアップミーティング、スプリントプランニングミーティング、スプリントレビューミーティングなどです。

6. 反復開発 – この原則は、反復的な開発を定義し、変更をより適切に管理します。そして、顧客のニーズを満たすプロダクトを構築する方法を明確に示します。また、反復開発に関連するプロダクトオーナーと組織の責任にも言及します。

© 2020 VMEdu.com. All rights reserved

© 2020 PDEAC Co., Ltd


コメントを残す