Azure DevOpsの初期設定

Azure DevOpsを使いはじめる

「無料で始める」をクリックして、画面の指示に従って登録しましょう。

組織とプロジェクトの作成

まず組織とプロジェクトを作成しましょう。

初めて組織を作成する場合は、そのまま組織作成ウィザードへ遷移するため「Continue」をクリックして作成を開始します。

任意の組織名、(ここでは「pdeac-demo」)とプロジェクトをホストするリージョン(ここでは、「East Asia」)を選択して「Continue」をクリックすると、組織の作成が開始されます。

組織の作成が終わるとAzure DevOpsのポータルが表示され、そのまま新規プロジェクトの作成となります。

Project nameを入力します。ここでは、「TrainingRFQ」という名前のプロジェクトとします。

Visibilityは、Privateを選択しましょう。

「 + Create project」をクリックしましょう。

「TrainingRFQ」のプロジェクトが作成されていることを確認してください。

次に、「Organization」を設定します。

「pdeac-demo」をクリックしてください。

General – Overview

組織の設定を行いましょう。

「Organization settings」をクリックします。

「General」-「Overview」のTime zoneで、「(UTC +09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo」を選択して、「Save」をクリックします。

General – Users

プロジェクトにメンバーを追加する場合は、あらかじめ組織にユーザーを追加しておく必要があります。

組織にユーザーを追加するには、「Organization settings」から「Users」を選択し、「+ Add new users」をクリックします。

追加するユーザーとアクセスレベルを設定します。

「Users」にはセミコロン区切り( ; )で複数のユーザーを追加できます。「Add to projects」はユーザー追加と同時にプロジェクトにユーザーを追加することができます。

最初のアクセルレベルは、ボード一枚当たり、次のように設定しましょう。

  • 「Basic」を1人以上、ボードの責任者
  • 「Stakeholder」、その他のメンバーでWork itemを追加、編集する人

設定したら「Add」をクリックしてユーザーを追加します。

ユーザーがプロジェクトにアクセスする方法

追加されたユーザーは、招待メールに記載されたリンクにアクセスして招待を承諾します。

招待メールは「差出人」が「Azure DevOps」で、メールのタイトルは「You have been invited to a Azure DevOps Project!」です。「Join now」をクリックしてください。

Microsoftアカウントにログインし、詳細情報を入力していくと、招待されたAzure DevOpsのプロジェクトにログインできるようになります。

参考文献


“Azure DevOpsの初期設定” への1件の返信

コメントを残す