ナレッジベースの開発

ナレッジベースの開発

基本原則その4

基本原則のその4、「ナレッジベースの開発」です。ナレッジ (Knowledge) とは、知識のことです。

リーン製品開発のツールやイベントには、次のようなものがあります。

  • パフォーマンスのトレードオフ
  • コスト低減
  • リスク低減戦略
  • マーケットニーズ
  • 品質改善
  • 技術的な問題の解
  • プロセス改善

その特徴のひとつは、自ずと文書化されるようになっていることです。ミーティングでは、決定事項を記録するための書記も必要ありません。主催者がそうした記録を、ミーティング終了後に審査・承認する時間も必要ありません。ミーティングの参加者が、自分のコミットを書いて、それをチームで確認するのです。ミーティングが終われば、すぐさま、記録として残すことができるのです。ムダがないのです。

また、もうひとつの特徴は、「組織として」学習するようにデザインされていることです。たとえば、リスクを特定すること、その軽減策を検討し、実行することは、組織という集団としての責任です。リスクを特定した人と、その軽減策を検討する人、実行する人はそれぞれ異なることもあります。専門的な知識を持った人が集まって個々の責任を果たし、組織として成果を上げるのです。そのようなコラボレーションできる「場」を、リーン製品開発は提供します。


コメントを残す