Excel Onlineで共同作業を始める

Excel Onlineで共同作業を始める

Excel Online(エクセルオンライン)とは、Excelのクラウド版です。

無料で利用できますのでので、お財布にやさしいのです。

オンラインでファイルを共有すれば、複数の人で同時に編集することができます。

ウェブミーティングと組み合わせれば、離れていても、共同作業ができます。

是非、使ってみてください。

Microsoft 365を無料で始める

ウェブブラウザーでproducts.office.comを開き、サインインをクリックします。

マイクロソフトアカウント(メールアドレス)を入力します。

パスワードを入力します。

すると、Microsoft 365にサインインできます。

もし、サインインできないようでしたら、弊社のブログも参考にしてみてください。

Microsoft Accountでサインインできない場合の対処法

Excel Onlineを使い始める

Microsoft 365にサインインできましたら、画面左の「Excel」のマークをクリックしてください。

「新しい空白のブック」をクリックします。

新しいブックが作成されて、自動的にOneDriveに保存されます。

画面上部の「⌵」をクリックすると、ファイル名を変更することができます。ここでは、「ExcelOnlineTrial」という名前に変更しました。

Excel Onlineで共同編集する

画面右上の「共有」をクリックします。「リンクの送信」の画面が現れます。

このExcelブックを共有したい相手のメールアドレス(マイクロソフトアカウント)を入力します。そして、「送信」をクリックします。

このブックのリンクを、相手に送信を完了したとの確認メッセージが出ます。

共有した共同作業者がサインインすると、共有ボタンの横と、スプレッドシート上に共同作業者のマークが現れます。

共同作業者の入力位置は、そのマークとともにセルが明示されます。

Excelと同様な関数も用意されています。

共同作業者がセルを変更すれば、即時に計算結果が更新されます。複数で共同編集するのに、便利です。

OneDriveからExcel Onlineを立ち上げる

OneDriveから、Excel Onlineを立ち上げることもできます。

ブラウザーからOneDriveを開き、マイクロソフトのアカウントでサインインします。

サインインすると、OneDriveの画面が現れます。

ローカルの既存ファイルをアップロードすることもできます。

「アップロード」をクリックします。「ファイル」か「フォルダー」をクリックして、選択画面から該当するものを選んでください。

エクスプローラーから、ドラッグアンドドロップすることもできます。

アップロードしたファイルをクリックすると、Excel Onlineで開くことができます。

バージョン履歴

Excel Onlineは、過去のバージョンが自動保存されて、管理されています。

OneDriveで、バージョンを確認したいファイルを選び、「バージョン管理」をクリックします。

以前のバージョンを表示することもできます。

また、必要でしたら、復元したり、ダウンロードすることもできます。

Excelファイルは、ビジネスでは身近にありますが、複数の人で作業すると管理が大変です。

ウェブミーティングで、Excel Onlineを使って仲間とその場で共同作業してみましょう。

そうすれば、お互いの認識のずれは、なくなることでしょう。

皆さんも、是非使ってみてください。


コメントを残す